トップページ > 学校案内 > VOICE [東海中学校の魅力]
  • オープンスクール
  • サタデープログラム
  • 同窓会Homepage
  • 愛知私立中学情報サイト

VOICE[東海中学校の魅力]

学びやに育まれ、未来へ羽ばたく。

VOICE[東海中学校の魅力]

学びやに育まれ、
未来へ羽ばたく。

  • 平成29年度入学 鷲坂 千尋さん 東海中学校3年 平成29年度入学 鷲坂 千尋さん 東海中学校3年

    平成29年度入学
    鷲坂 千尋さん〈東海中学校3年〉

    『豊富な経験と学校の支え』

    東海中学の魅力は、自分のやりたいことを満足するまで支えてくれる学校だという事です。僕が在籍している弓道部は、今年で創部100周年を迎える伝統のある部活です。弓道は、精神鍛錬が必要な武道であり、その経験は将来に向けた大きな糧となると信じて全力で向き合っています。学習面では、国語なら現代文と古文、数学なら代数と幾何のように分野別に分かれています。また、先生方は苦手なところは詳しく、得意なところはさらに伸ばせるように工夫された面白い授業をしてくださいます。勉強や部活に励む中で、1人では解決できない問題に直面した時、相談にのってくれる友人や指導してくださる先生がいます。このような支えがあることで僕達はより一層勉強や部活に取り組めます。さらに、東海中学は、先輩とのつながりが強く、卒業された先輩方との関りもあり、その先輩を目標にして一歩ずつ努力していきたいと思います。

    [東海中学校で努力していること]

    弓道部で全国大会に出場するために、毎日練習しています。一射引く毎に先輩や先生から改善すべき点を教えていただけるので、自分でも成長が実感できます。また、学習面でも良い結果が残せるように頑張っています。苦手な教科は補い、得意な教科はさらに高められるように精進していきたいと思います。


  • 平成27年度入学 石川 竜聖さん 東海高等学校2年 平成27年度入学 石川 竜聖さん 東海高等学校2年

    平成27年度入学
    石川 竜聖さん〈東海高等学校2年〉

    『個性を尊重する自由な学び』

    僕が思う東海中学の魅力は、何か好きな分野を持った人がたくさんいることです。僕の友人にも、法律が好きで民法が愛読書の人や、数学が大好きで専門誌の難問と格闘している人がいます。また、東海中学は生徒が多いので同じ趣味の人を見つけやすく、部活もそれに合わせてたくさんあります。先生も、やる気のある人に対してはやる気がある分だけ積極的に支援してくださいます。現に、僕が数学研究部に所属していて、新たに情報分野を学ぼうと科学部との兼部を考えたときは、親身に相談にのっていただきました。学習面では日々満足できる素晴らしい授業が行われていますし、質問に対しても非常に親切に答えていただけます。東海中学とは、たくさんの個性が響き合い、刺激し合い、さらにその個性が調和し、互いに高め合う場所。そんな自由な学び舎なのです。僕はこの自由な学び舎で、数学も、情報も、勉学も、すべて精進していきたいと思っています。

    [東海中学校で努力していること]

    数学研究部では、数学コンクール、数学オリンピックへの参加を。科学部では、プログラミングの学習などの活動を行っています。それぞれの部活に、頼れる先輩や親切な先生がいらっしゃいます。そのような人たちに支えていただきながら、自分の趣味をさらに極めていきたいです。


  • 平成27年度卒業 後藤 有輝さん 名古屋大学 医学部医学科 平成27年度卒業 後藤 有輝さん 名古屋大学 医学部医学科

    平成27年度卒業
    後藤 有輝さん〈名古屋大学 医学部医学科〉

    『自ら考え行動する人になる』

    東海中学の魅力は、学校が生徒の自立心を育んでくれるところです。他校に比べて宿題が極端に少ないので、自分に必要なことを十分に勉強することができます。私は数学の力を伸ばしたいと思ったので数学を重点的に勉強しました。学習面以外でも、自立させてもらえていると感じる部分があります。それはサタデープログラムです。私は2年生のときサタプロの実行委員になり、著名人の講演を企画・実行しました。思い返すと、あのときに自分たちで考え、電話で交渉し、実際に講演していただいたという経験が、今の自分を形作る上で大きな糧になりました。サタプロに参加して良かったと思うとともに、サタプロという企画を推奨してくれたこの学校に本当に感謝しています。また、東海中学には個性的な生徒がたくさんいて、豊かな人間関係を築くことができます。私が東海中学で出会った友人は、この先も私の人生においてとても大きな存在であり続けるだろうと思います。

    [中学時代一生懸命取り組んだこと]

    ハンドボール部に所属していましたが、あれほど1つのスポーツに熱中したのは初めてです。練習は厳しく、ときには辛かったですが、チームメイトと一生懸命練習したサインプレーが試合で見事成功し、得点できたときの嬉しさは今でも忘れることができません。努力は必ず報われるのだと心から実感しました。


  • 平成24年度入学 西小路 利祐さん 東海高等学校1年 平成24年度入学 西小路 利祐さん 東海高等学校1年

    平成20年度卒業
    布施 佑太郎さん〈名古屋第二赤十字病院〉

    『豊かな人間性を培う場所』

    東海中学を卒業し10年ほどが矢のように過ぎ去った現在、生徒時代を振り返ると懐かしい思いでいっぱいです。東海中学の魅力とは、その学校生活において、人間性を培う経験の場を適切なタイミングで与えてくれることと考えます。授業面では、副科目の内容も充実しており、美術や音楽の授業で得た教養は現在も役立っています。課外授業では水練会・文化祭が東海中学ならではと言えます。水練会では小学生の名残が残る一年生が同級生と共同生活し、ボートからの監督指導のもと伝統のふんどしで海を泳ぐ、という厳しくも貴重な経験ができます。また、文化祭はその規模の大きさで地元では有名です。数か月前から趣向を凝らしてつくりあげるプロセスの中で、コミュニケーションや思いやり、リーダーシップなどが自然と身についていきました。本物に触れ、多様な価値観の存在に気づき、他者を重んじつつも、自分の将来の軸を定めるのに適した経験が豊富にできるのが、東海中学校です。

    [中学時代一生懸命取り組んだこと]

    勉学。その一言に尽きます。青春の使い方は人それぞれですが、中高一貫制の東海にいるという強みを活かしたいと考えました。やみくもな勉強ではなく、いかに効率よく必要な勉強をするか。中学のうちに試行錯誤したことが、その後の大学受験における成功につながったと感じます。